ご飯を食べる量を減らす「簡単な」ダイエット方法!

お問い合わせはこちら

ブログ

ご飯を食べる量を減らす「簡単な」ダイエット方法!

2020/03/01

ご飯を食べる量を減らす「簡単な」ダイエット方法!

こんにちは!

薬剤師・セラピストの大西智子です。

 

現代日本には、糖尿病や高血圧など、「食べ過ぎ」を原因とする病気がたくさんあります。

健康のためには「腹八分目」にすべきなのは、皆さんよくご存知かと思いますが、「つい、食べ過ぎちゃうんだよな~」というのが実情ではないかと思います。

 

そんな皆さんに朗報です!

ご飯を食べる量を減らす「簡単な」方法があるのです!

 

どうすればいいのか?

 

はい、食器を変えてみましょう!

 

 

ポイントが2つあります。

 

1. 「デルフーフ錯視」の利用

お皿のサイズを小さくし、「いっぱいに盛られている」と感じるようにする方法です。

皆さんも、こんな図を見たことがあるのではないでしょうか?

I018033130_349-262.jpg

米コーネル大学教授のBrian Wansink氏と蘭フローニンゲン大学教授のKoert van Ittersum氏による研究によると、お皿のサイズ(直径)を12インチ(30.48cm)から10インチ(25.4cm)に変えるだけで、食事の摂取量が22%減少したとのことです。

 

2. 食器の色と料理のコントラスト

もう一つは、「お皿の色を変える」です。

これについても、Brian Wansink氏とKoert van Ittersum氏によって実験が行われています。

 

実験では、白いお皿と赤いお皿が用意され、被験者はそのいずれかのお皿を渡されて、ホワイトソースかトマトソースのパスタを自分で取り分けました。

I018033138_349-262.jpg

I018033143_349-262.jpg

その結果、

 

- 白いお皿-トマトソース

- 赤いお皿-ホワイトソース

 

の組み合わせの場合は、同系色同士の組み合わせの場合よりも、20%以上取り分ける量が減少していました。

つまり、食べ物が「目立つ」状態になると、量を減らす傾向にあるのです。

 

 

この2つの実験結果より、お皿や茶碗を

 

■小さいもの

■内側の色が濃いもの

 

に変えることで、ご飯の量を減らすことができるのです!

 

本気で「食べすぎ」を止めたいと思ってる方、ぜひ一度試してみて下さい!